18 3月 2018

クロアチアと日本の外交樹立25周年、およびクロアチアのEU加盟5周年記念祝賀会を九州地方で開催 (宮崎、佐賀、長崎)

メモリードグループ吉田茂視代表取締役が会長を勤める長崎クロアチア友好協会は、クロアチアと日本の外交樹立25周年記念、およびクロアチアのEU加盟5周年記念祝賀会を九州地方で主催しました。

ザダール出身のアカペラグループ クラパ・カレタのコンサートとクロアチアの匠シェフ、フルヴォエ・ジロエヴィッチによる祝賀ディナーは、3月18日に開催最後の地・長崎で行われ、田上富久長崎市長、長崎出身の北村誠吾衆議院議員、ドラジェン・フラスティッチクロアチア大使が、記念すべき年を祝って挨拶を述べました。ディナーの席では、長崎大学とザグレブ大学の交流関係について発表があり、長崎大学から2名の学生が近々ザグレブに1年間留学するとの報告がありました。加えて祝賀ディナーの席では、クロアチア産のワイン、オリーブオイル、トリュフなどの紹介もされています。

フラスティッチ大使は、長崎滞在中に田上市長を表敬訪問。また、長崎原爆記念館にクロアチアのレプリカ、平和の象徴の鳩・ヴチェドルを贈呈しました。原爆記念館の入り口のホールには、クロアチアのビオグラド市が寄贈したメタル製の折り紙が展示されています。

クラパとシェフ・ジロエヴィッチの日本ツアーは、メモリードグループ株式会社、十日町市そして、エレナ山崎(ヤマサキ)が創設し代表を務める日本クロアチア交流協会の財政支援と後援によって実現しました。