東京, 08 5月 2016

ドラ・ペヤチェヴィッチの作品のためのピアノとバイオリンのリサイタル

クロアチアのバイオリン奏者ゴラン・コンチャルと日本人ピアニスト安達朋博のコンサートが2016年5月8日に開催されました。クロアチアの作曲家ドラ・ペヤチェヴィッチのピアノとバイオリンのための楽曲の数々を、五反田カルチャーホールいっぱいに参集した聴衆の皆さんにお届けしました。ドラジェン・フラスティッチ駐日クロアチア大使より、ドラ・ペヤチェヴィッチがクロアチアの音楽界にとって非常に重要な芸術家であることを紹介し、彼女の偉業に敬意を払い作品の演奏会開催を決めた二人の芸術家に心からの感謝を伝えました。コンサートは、安達朋博が発起人・代表を務め、池田卓夫が協賛する日本クロアチア音楽協会と、クロアチアビジネスセンター代表の荒川伸次氏の協力を得て開催されました。ゴラン・コンチャルは、今回の他に日本国内3か所で日本ツアーコンサートを開きます。